東京交通労働組合
ひろげよう笑顔 つなげよう絆 あらたな一歩へ 東交労働運動

活動報告

トップ > 活動報告 > 2019年11月のニュース

西北部地区教宣集会

2019.11.01

  • 団結がんばろう!

 11月1日、都労連第4波総決起集会のあと、巣鴨自動車営業所3階会議室にて、西北部地区教宣集会が開催された。
 大山議長(志村検)の「月例給の改定見送りが続き、大変厳しい状況でありますが、今日の教宣集会での皆さんからの意見を交渉に活かしていただきたい」との挨拶のあと、篠﨑電車部長からの方針説明があった。
 質疑応答では、佐藤氏(車庫)からバス車両整備職員の要員確保と技術継承について、石橋氏(車庫)から人事委員会勧告への今後の対応について質問があり、その後、田中氏(渋谷)から都労連運動の成果に対する組合員の思いと定年延長と給与見直し提案への対策について、藤代氏(渋谷)からバス乗務員の長時間拘束の解消について、平川氏(渋谷)から石橋氏、田中氏の発言に肉付けする形で、今夏の参議院選挙で東交をあげて応援をした自治労及び私鉄総連の組織内議員への働きかけについて提案があった。それぞれ本部側より答弁があり、堀口副議長(練馬)の閉会挨拶のあと、大山議長の「団結がんばろう」にて締めくくった。